読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふうせんが安いです

本当に何度も何度も読んで楽しんでいます。特に泣いてるネコが気になるようです。主に私が気に入って購入しました(笑)おねこさん、おねこさんですよ!!あえてねこに、お、をつけるセンス。

コチラですっ♪

2017年02月05日 ランキング上位商品↑

ふうせんふうせんねこ [ せなけいこ ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

予想以上に大ウケで本当に買って良かったです。せなさんの絵本はメガネかけたうさぎとおばけの絵本でしりましたが!シュールでちぎり絵?がかわいくて!大ファンになりました。怒って!ぷぅー!の表現!子どもが喜びます。ゲラゲラ笑って何度も読まされます。私は子供がいろいろ理解できるようになった頃、この本にどんな反応を見せてくれるのか楽しみでなりません。遠方に住む2歳6カ月の孫娘へのクリスマスプレゼントの一冊として購入。子どもが「ぷー」のところでほっぺをふくらます姿はかわいいですよ!。上の子によく!せなけいこさんのめがねうさぎシリーズを買っていたので中身の確認は無しでした。が!親の私はシュールで笑いました。結末には改心したおねこさんがお母さんのもとに戻ってくると思いきや!飛ばされたまま終わります。色々迷いましたが!現在ネコにハマってる?のでネコの絵本にしました。このシリーズは結が素晴らしいです!せなけいこさんの説教本(?)は、オチがよくわからないものが多く、1歳の娘に読ませるにはどうかな?と思っていたのですが、それなりに楽しんでいます。再度購入したいです。「ねないこだれだ」もそうですが!この本も最後はちょっぴり怖い感じで終わるのが面白いな。娘はこの本を「エコ(ネコ)しゃんあっぷっぷ!!」と呼んでいます。最後はおばけじゃなかったけどラストシーンはなんだか切ない…せなさん!なぜいつもこんなラストなんですか。今度は自分でぷーぷー言っています。親からのクリスマスプレゼントは絵本です。まだ、読み聞かせても、あまりわからないかもしれませんが、もう少し大きくなった頃に、気に入ってもらえるといいなぁと思ってます。そしてせなさんお約束のとばされシーン。犬猫大好きな1歳3ヶ月の娘に購入。夫はこの救いのない終わり方が気に入らず、子供には見せたくないと言っています。保育園で好んで手にとっていると聞き!どんな本なのかと買ってみました。本を見た瞬間から「ネコ!ネコ!」と真剣に見てました。ふうせんねこは「ぷー」と膨らみます。猫にあえて「お」を付けているところにまずひと笑い。娘へとかこつけて自分が読みたくてコレクションしてます。主人がせなけいこさんの絵本で育ち思い出深いらしく少しずつ買い集めていますが、2歳11ヶ月の娘にはコレが一番ヒットでした。子供がせなさんのシリーズを好きなので購入しました。戒め的な要素がある本かもしれませんね。保育士で1、2歳児に好評の絵本なので、自分用にも買いました。と思って購入しました。せなさん最高です。しかし!自分が母親になってから!知り合いの家にあったこの本を見て!懐かしいと思い!手に取りました。オススメ絵本です。イヤイヤ期の孫にと選びました。子供のために購入しましたが、9ヶ月なので内容はまだ理解できません。いや!めちゃくちゃ大好きです。せなけいこさんの本は『おどして躾る』ようで私はあまり好きではないんですが!この本は『おどし』が少し弱めだと思いました。とってもかわいい絵だし、道徳性?に訴えかける内容で面白いです。ラストに言葉を無くします…せなさんの本ってこんな感じが多いかな?好きなんですけどね。せなけいこさんの絵本は、自分が小さい頃に母が読んでくれた「ねないこだれだ」しか知りませんでした。せなけいこさんの絵本は不思議な味わいがあって良いですね〜。おねこさんがだんだんふくらんでいく様子がたまらなく面白いみたいです。最後のページでいつも笑う息子、なぜなんだー!このシリーズのハッピーエンドじゃないなぞの終わり方にかなり魅せられています。この本が躾に役立てばいいのですが!役立っているかはまだよく分からないので★4つ。生後6ヶ月の娘のために購入。本の中の文章もテンポがいい感じで!読み聞かせさせやすいと思います。2歳1ヶ月の娘に購入しました。瀬名恵子さんのきれいなはこもお薦めです。終わりの方はちょっと怖がりましたが気に入ったみたいです。まず、届くのがとてもはやかったです!!ねこさんが「いやだ!いやだ!」と怒ってばかりいると、ほっぺたがどんどん膨らんでいき、空にとんでいいってしまうというお話で、今度3歳になる息子に読んであげました。ポイント消費にも丁度いいお値段です。大変満足しています!お気に入りに!なりました。内容を理解したのか!暴れる息子に「ねこさんみたいになっちゃうよ」と言うと少し落ち着きます。娘はいつもせなさんの絵本を選んで持ってきます。先日親に反応を尋ねたところ、絵が面白く文章が簡単で気に行っており、朝起きた時の目覚めの絵本だそうです。